子供のアトピーは、主に食物アレルギーが
その原因であることが多いのですが、しかし、
それ以外にも様々な要因があります。

特に、複合的な因子として大きいのが、幼児の「乾燥肌」です。

子どもは大人に比べ、皮膚のバリア機能が弱く、
そのことがアトピー性皮膚炎の悪化を招いてしまいます。

 この乾燥肌を緩和させるためには、
毎日スキンケアをしてあげることが重要です。


アトピー性皮膚炎の症状が出ている子どもの肌は、
保水力が弱く水分の蒸発が早いです。

特に風呂上がりなどは乾燥が早いので、
なるべくすぐに湿度の高い場所でクリームなどの
保湿剤を塗ってあげて下さい。

 また、お風呂に入るときの注意ですが、
アトピー性皮膚炎の肌はとても敏感です。

 少しでも熱いお湯が身体にかかるだけでも、
かゆみがぶりかえしてしまいます。

 また熱いお湯は、せっかく分泌された皮脂を溶け出させてしまいます。

すると、乾燥肌は悪化してしまうのです。

ですから、ぬるめのお湯でゆっくりと入浴しましょう。

 身体を洗うときもたくさんの泡を作って手のひらで優しく洗い、
石鹸が肌に残らないようにしっかりと流します。

タオルで拭く時も肌に刺激を与えないように拭きます。

お風呂上がりには保湿剤を有効に活用しましょう。

 保湿剤には、「肌の水分の蒸発を防ぐこと」を目的とした
保湿剤と「肌の水分を保つこと」を目的とした保湿剤があります。

 ワセリンや白色ワセリン、プロペドなどは水分の蒸発を防ぐ効果があり
ウレパールやケラチナミンなどの尿素含有軟膏と
呼ばれているものは水分を保つ効果があると言われています。