子どものアトピーの原因を特定するのは
非常に難しいという事が言われています。

 多くの場合それは、食物アレルギーであることが多いのですが、
要因はつねに単独ではなく、複数絡み合っています。

 ですから、その中から原因となるものを抽出するのはとても大変な作業です。

 そのための検査方法の一つが「負荷試験」です。

正式名称は「食物経口負荷試験」といいますが、
これは、アレルギーの原因と思われる食物を食べてみる検査です。

 ただしこの検査では、実際にアレルギー症状が
出る可能性があるので、危険を伴います。


 卵、牛乳、小麦、大豆による食物アレルギーのある人には、
原因食材(アレルゲン)を12~18ヶ月除去した後に行うことになります。

場合によってはアレルゲン特異的なIgE抗体の推移を参考にして、
除去後6ヶ月で負荷試験をすることもあります。

 ピーナッツ、魚、ナッツによる食物アレルギーのある人は、
アレルゲンを3年間除去した後に行います。

 場合によってはアレルゲン特異的なIgE抗体の推移を参考にして、
除去後1から2年で負荷試験をすることもあります。


実際の実施方法ですが、まず少しずつ食材を摂取します。

 最初は少量から始めます。

 なぜなら、アレルギーの症状の程度は、
アレルゲン特異的なIgE抗体の値や皮膚試験からは予測できないからです。

 重篤な症状を起こしたことのある場合は、
下口唇へ食品を付けて様子を見る事もあります。

アレルギー性を低くした食品から様子を見てみることもあります。

例えば、卵の場合、クッキーやお菓子、ケーキ、ゆで卵、
生卵の順に負荷試験を行う、と行った具合です。