大人のアトピーでも子供のアトピーでも、
原因の特定は非常に難しいという事が言えます。

 なぜなら、原因は多くの場合、一つではなく、
様々な要素が複雑に絡み合っているからです。

その中から、原因となる因子を一つにしぼる事はなかなか困難です。

 代表的な原因となるのが食物アレルギーですが、
それ以外にも多くの原因があります。

 一番大きな原因となるのが、「乾燥肌」です。

子どもの皮膚というのは、大人のそれと比べて
非常にデリケートであるという事が言えます。

 また、大人に比べて皮脂の分泌が少なく、
皮膚が持つバリア機能が未熟です。

 すると、アトピーを掻くことで皮膚の表皮が傷ついてジクジクしてしまい、
悪化しやすくなるのです。

また、皮膚もかぶれやすい状態になります。

しかし、成長してゆくにつれ、皮膚のバリア機能もまた発達していきます。

 そうすれば、ひどく見えたアトピーも改善していきます。

 他にも、汗や不潔な衣服、不潔な部屋なども
子どものアトピーの原因となりえます。

 最初に挙げたように、児童のアトピーの原因は多種多様です。

ですから、例えば「これをしたときにかゆくなる」
ということが一つでも思い当たるのであれば、
そのことを取り除いてみることが必要でしょう。

 又、常に身の回りを清潔に保つ事も大事です。

幼児にとってのアトピーは、
自分の力だけで防ぐ事が出来るようなものではありません。

常に親御さんによるフォローが必要です。

 注意深く見守りながら、
アトピーの原因になりうるものを排除してゆく事が必要です。