アトピー性皮膚炎と聞いて、
それがどんなものかひとことで言い表せる人はなかなか少ないと思います。

 漠然と、かゆい、じゅくじゅくした湿疹が出る、
というぐらいの認識を持っている人がほとんどなのではないでしょうか。

 ここでは、特に幼児にとってのアトピー性皮膚炎とはどんなものなのか、
まず基本的な知識から解説して行きたいと思います。

まずアトピー性皮膚炎とは、長期にわたる湿疹が一つの特徴として挙げられます。

 一時的に快癒することもあるのですが、治ったかと思えばまた再発する、
ということを繰り返すのも大きな特徴です。

 湿疹は、肘や膝の裏などの、皮膚の薄い箇所に出ることが多いです。

湿疹の症状は、強いかゆみを伴います。

このかゆみを我慢できず、かきむしってしまうことで症状は一段と悪化します。

血が出るくらいかきむしる人も多いです。

またこの湿疹は、体の正中線(鼻から臍を通る真ん中の線)に対して
左右対称に症状が出ることも特徴の一つです。

 症状が出た皮膚は、いくつかの特徴がありますが、
一つには「乾燥(カサカサ)」、かきむしったあとに体液を帯びて
「ジュクジュク」することもあります。

先ほどアトピー性皮膚炎の特徴として、「長期にわたる湿疹」を挙げましたが、
この期間は大人と子どもで大きく違います。

 一般的に、幼児では2ヶ月以上、大人では6ヶ月以上を長期と見なします。

ですから、お子さんに湿疹の症状が出て、それが2ヶ月以上続いた場合は、
アトピー性皮膚炎を疑って間違いないでしょう。