アトピー性皮膚炎の症状を持った
赤ちゃんを育てる上で、
非常に重要な問題が「食事」の問題です。

通常、生後5から6ヶ月ぐらいから、
流動食状の離乳食を始めますが、
一般的な離乳食のレシピには多くの場合、
穀類、卵、乳製品、肉、魚などが含まれています。

 しかし、お分かりの方も多いと思いますが、
これらは全て、
アレルギーの要因となりうる食品なのです。

 アトピー性皮膚炎の症状が出ている赤ちゃんは、
みんなアレルギー体質を持っています。

 そのため、これらの食物にも敏感に反応し、
食物アレルギーを起こす可能性があるのです。

 ですから、離乳食の時期になったら、
離乳食の与え方について、
医師と相談しながらゆっくりと進めるのがよいでしょう。

 ここでは非常に注意が必要なのです。

もちろん、アトピーの赤ちゃんが、
みんな食物アレルギーであるとは限りません。

アトピーでも食物アレルギーの症状が
出ない赤ちゃんはもちろんいます。

 だから、食物アレルギーと診断され、
なおかつ医師の指示がある場合でなければ、
保護者が勝手に食物を
制限するのは避けたほうがよいでしょう。

 この時期の栄養摂取は、
今後の発育にとってとても重要です。

このときに勝手に食事を制限することは、
赤ちゃんの発育に悪影響を与える可能性があります。

2歳くらいまでの赤ちゃんは、
まだ腸の免疫機能が未熟なため、
アレルギー反応を起こしやすいとされています。

さらにアトピーの症状をもっている赤ちゃんは
腸粘膜も敏感なことが多いことがわかっています。