幼児のアトピー対策

ここではアトピーで困っている幼児について対策を解説します。

幼児のアトピーと外的要因



大人のアトピーでも子供のアトピーでも、
原因の特定は非常に難しいという事が言えます。

 なぜなら、原因は多くの場合、一つではなく、
様々な要素が複雑に絡み合っているからです。

その中から、原因となる因子を一つにしぼる事はなかなか困難です。

 代表的な原因となるのが食物アレルギーですが、
それ以外にも多くの原因があります。

 一番大きな原因となるのが、「乾燥肌」です。

子どもの皮膚というのは、大人のそれと比べて
非常にデリケートであるという事が言えます。

 また、大人に比べて皮脂の分泌が少なく、
皮膚が持つバリア機能が未熟です。

 すると、アトピーを掻くことで皮膚の表皮が傷ついてジクジクしてしまい、
悪化しやすくなるのです。

また、皮膚もかぶれやすい状態になります。

しかし、成長してゆくにつれ、皮膚のバリア機能もまた発達していきます。

 そうすれば、ひどく見えたアトピーも改善していきます。

 他にも、汗や不潔な衣服、不潔な部屋なども
子どものアトピーの原因となりえます。

 最初に挙げたように、児童のアトピーの原因は多種多様です。

ですから、例えば「これをしたときにかゆくなる」
ということが一つでも思い当たるのであれば、
そのことを取り除いてみることが必要でしょう。

 又、常に身の回りを清潔に保つ事も大事です。

幼児にとってのアトピーは、
自分の力だけで防ぐ事が出来るようなものではありません。

常に親御さんによるフォローが必要です。

 注意深く見守りながら、
アトピーの原因になりうるものを排除してゆく事が必要です。

子供のアトピーと食物アレルギー


アトピー性皮膚炎の症状にはある特徴があります。
 
それは、まず「長期にわたる湿疹」であること、
「左右対称に現れること」などです。

具体的な期間ですが、 2ヶ月以上同じ湿疹が続いた場合には
アトピー性皮膚炎が疑えます。

 では、アトピー性皮膚炎の原因は一体何でしょうか。

これは、大人と子どもで異なると言われています。

 一般的に、大人のアトピーは周囲の環境や日常における
ストレスなどがその原因であることが多いと言われています。

 もっともこれらの原因は非常に複合的なものなので、
なかなか特定が難しいのが現状です。

子供の場合は、多くの場合「食べ物」がその原因となります。

 これは「食物アレルギー」と呼ばれる場合もあります。

 子どもにとってのアトピーは、肉や魚、大豆、野菜、
果物など多くの食品に含まれているたんぱく質が原因だといわれています。

 幼児、子どもは胃や腸が未熟であるため、
たんぱく質を消化して分解する ことが上手にできません。

 そのためにアレルギー反応が起こるのです。

ですが、食物が原因のアトピー性皮膚炎は、
成長するにつれ、9割は自然に治癒すると言われています。

 遅くとも大体、8歳ごろまでには治るといわれていますが、
8歳まで特定の食べ物を避け続けることは簡単なことではありません。

いずれにしても、食べ物の中でも大丈夫なものとNGなものがあり、
それらを峻別することは必要です。

 そのための専門的な検査方法もあります。

 アトピー性皮膚炎をはじめとしたアレルギー症状は、
その原因が複合的で、非常に特定が難しいと言われています。

適切な検査を受け、
それらの原因を効率的に避けてゆく事が必要です。

幼児のアトピー性皮膚炎とその期間


アトピー性皮膚炎と聞いて、
それがどんなものかひとことで言い表せる人はなかなか少ないと思います。

 漠然と、かゆい、じゅくじゅくした湿疹が出る、
というぐらいの認識を持っている人がほとんどなのではないでしょうか。

 ここでは、特に幼児にとってのアトピー性皮膚炎とはどんなものなのか、
まず基本的な知識から解説して行きたいと思います。

まずアトピー性皮膚炎とは、長期にわたる湿疹が一つの特徴として挙げられます。

 一時的に快癒することもあるのですが、治ったかと思えばまた再発する、
ということを繰り返すのも大きな特徴です。

 湿疹は、肘や膝の裏などの、皮膚の薄い箇所に出ることが多いです。

湿疹の症状は、強いかゆみを伴います。

このかゆみを我慢できず、かきむしってしまうことで症状は一段と悪化します。

血が出るくらいかきむしる人も多いです。

またこの湿疹は、体の正中線(鼻から臍を通る真ん中の線)に対して
左右対称に症状が出ることも特徴の一つです。

 症状が出た皮膚は、いくつかの特徴がありますが、
一つには「乾燥(カサカサ)」、かきむしったあとに体液を帯びて
「ジュクジュク」することもあります。

先ほどアトピー性皮膚炎の特徴として、「長期にわたる湿疹」を挙げましたが、
この期間は大人と子どもで大きく違います。

 一般的に、幼児では2ヶ月以上、大人では6ヶ月以上を長期と見なします。

ですから、お子さんに湿疹の症状が出て、それが2ヶ月以上続いた場合は、
アトピー性皮膚炎を疑って間違いないでしょう。 
タグクラウド
ギャラリー
  • ライブドアブログ